ファミリー

住居用洗剤を選ぶ時に役立つ情報サイトがある

場所にあったものを選ぶ

掃除用具を持つ女性

お家の掃除をする時に住居洗剤を使用する家庭も多くあるのではないでしょうか。住居洗剤には、お家の何処を掃除するかによって選ぶ種類が異なります。最近では、場所を問わず掃除に使用出来る住居洗剤も増えていますが、専用の洗剤を使用した方が汚れを綺麗に落とせます。特に汚れがひどい場所や、頑固な油汚れ、カビが発生しているお風呂場のタイルなどは専用の洗剤を使用するようにしましょう。しかし、場所ごとに洗剤の種類を変えるとなると、費用が掛かってしまいます。そんな時は、掃除する場所を大きく分けることが出来ます。例えば、台所のコンロ、換気扇、床など台所全般に使える住居洗剤もあります。浴槽やお風呂場の壁や床全般に対応しているお風呂専用の洗剤や、リビングの床や畳、家具などに使える住居洗剤など種類は豊富にあります。ですから、室内のエリアで分けて使用出来るものさえ買えば、掃除の時に活躍してくれるでしょう。

住居洗剤には、弱アルカリ性と中性、酸性など性質が異なります。汚れにあった性質のものを選べば、こすらなくても簡単に綺麗なります。洗剤の性質は商品パッケージの裏側に記載されていますから、それを確認してみるといいでしょう。住居洗剤は専用の容器に詰められていることが多いです。中身がなくなったら、同じ種類の詰め替え用を購入することをおすすめします。そうすることで、再び専用容器を使えるので、とても便利です。また、詰め替え用は容器に入っているタイプよりも安く販売されているので、節約にもなります。